自己破産のメリット

自己破産には次のようなメリットがあります。

・自己破産後は生活にゆとりができる
・借金の取り立てが止まる
・月々の支払いも止まる
・個人民事再生よりも手続きが早く終わる

自己破産後は生活にゆとりができる。

破産宣告後は、毎月の収入をすべて自分のために使うことができます。これまで借金返済のために切り詰めていた生活にゆとりが生まれ、安心して生活を送ることができるようになります。

●貸金業者による取立て行為の規制

自己破産申立てを行い、それが裁判所から書面によって貸金業者に通知された場合には、正当な理由がない限り、貸金業者が破産者に対して取立て行為を行うことができません(貸金業法21条1項10号)。

なお、弁護士や司法書士に債務整理手続を依頼した場合、受任通知によりすぐに貸金業者の取立て行為が規制されます(貸金業法21条1項10号)ので、破産申立てを待つ必要はありません。

つまり、自分で全ての手続を行う場合には、破産申立てをしない限り貸金業者の取立てが止まりませんが、弁護士や司法書士に依頼すれば、すぐに貸金業者の取立てを止めることが可能です。

●訴訟の中断

破産手続開始決定があった場合、破産者を当事者とする破産財団に関する訴訟手続が中断されます(破産法44条1項)。

なお、破産法44条1項によって中断されるのはあくまでも「破産者を当事者とする破産財団に関する訴訟手続」ですので、これに該当しない訴訟は中断しないことになります。

しかし、ほとんどの債権者は破産申立ての時点で訴訟を取り下げますし、裁判所の側でも、破産手続開始決定が出ている場合には、なるべく訴訟を進めないように配慮してくれます。
したがいまして、法律の規定はどうあれ、破産申立後に訴訟が進むことはほとんどありません。

●強制執行や仮差押えの禁止・失効

破産手続開始決定があった場合、破産者の財産に対する強制執行や仮差押えが禁止されます(破産法42条1項)。

また、既に強制執行や仮差押えがされている場合、これらは効力を失います(破産法42条2項)。

既に給料が差し押さえられているような方は、早く破産手続開始決定が得られるよう、破産申立てを急ぐ必要があります。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ

自己破産解決QRコード

借金問題解決総合サイト
相続問題相談ガイド
遺言書生前準備ガイド
会社設立専門ガイド