過払い金返還請求のデメリット


  • 1.信用機関のいわゆるブラックリストには5年~7年登録される
  • 2.借入金を完済した場合でもブラックリストに登録される場合がある

自分で不当利息返還訴訟をする場合、訴訟費用だけ(数千円。裁判所によって多少異なります)で行えます。
ただし、個人での取引履歴の開示を行った場合、取引履歴の改ざんや過去の履歴の紛失などの理由で開示拒否される可能性があります。

弁護士や司法書士などの専門家が介入すると、取引履歴改ざんなどの不正発覚の可能性が高まるため不正の可能性はきわめて低くなります。
また、過払い返還請求を弁護士や司法書士などの専門家に依頼する場合でも、初期費用が掛からない場合が多く、取り戻せた過払い金返還額に対してかかる報酬(成功報酬)は20%~25%程度の事務所が多くなっています。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ

自己破産解決QRコード

借金問題解決総合サイト
相続問題相談ガイド
遺言書生前準備ガイド
会社設立専門ガイド