特定調停の流れ

①特定調停の申立て

債権者の所在地を管轄する簡易裁判所に申立をします。

②調停委員の選任

裁判所により調停委員が選任されます。調停委員は弁護士や有識者から選ばれます。

③返済計画に関して話し合い

調停委員立ち会いの下、申立人と債権者が呼び出され、返済計画に関して話し合いが行われます。業者が協議に出席しない場合も多く、その場合は電話などで調停委員と話し合います。一般的には2回程度の出席が必要となります。

④調停調書の作成

業者との和解が成立し、裁判所によって調停調書が作成されます。裁判所に出頭しない業者は、民事調停法17条による決定が出されます。

⑤返済

調停書に従い返済を行います。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ

自己破産解決QRコード

借金問題解決総合サイト
相続問題相談ガイド
遺言書生前準備ガイド
会社設立専門ガイド