債務不存在

債務不存在とは、借りたお金をすでに返し終わっているのが確実である場合や、利息制限法にもとづく再計算をしたら借金がすでに無くなっている(債務残高が0円になっている)状態のことです。それにもかかわらず、債権者から請求が来たときに、債権者に対して債務はもう存在していないと裁判所に認めてもらうことを「債務不存在確認」といいます。

消費者金融問題でよく使われる債務不存在とは、出資法での利息計算を利息制限法に基づいて計算しなおした場合に、元本をすべて返済している状態のことです。なお、返済済み金額が債務を上回った場合は過払いとなります。

利息計算をして債務不存在になっている場合には、その旨を業者に伝えて債務不存在であることを訴えるか、弁護士介入、特定調停、裁判などによって債務不存在を主張すれば、債務不存在を業者に認めさせることが可能となります。

ただし、債務不存在などを主張し認められた場合でも、信用情報機関に事故記録として登録されることがあるようです。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ

自己破産解決QRコード

借金問題解決総合サイト
相続問題相談ガイド
遺言書生前準備ガイド
会社設立専門ガイド