第三者請求

債権者が、債務者ではない第三者、いわゆる本人以外から回収を計ることを第三者請求といいます。
貸金業規制法21条(取立て行為の規制)で禁止されている第三者請求とは、返済義務の無い第三者(主に両親や兄弟など)に対し、請求を行うことをいいます。請求された第三者が債務者の代理として自ら進んで返済した場合は、代理弁済となり、第三者請求にあたらなくなるので有効となります。
金融業者は、債務者の身内などに請求はしませんが、進んで払ってもらえるよう接触してきます。
夫婦の一方に請求をしてきた場合も、消費者金融などからの借金は日常家事債務に当たらないとの判例も出ています。保証人になっていない限り、本人以外が支払う必要はありません。
自分以外の借金については、一切払わないことが重要です。




事務所検索

全国対応の事務所はこちらから
■各地域の弁護士事務所 司法書士事務所を探す

北海道

北海道

東北

青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島

関東

神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木

東京

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区
目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 その他東京

北陸・甲信越

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野

東海

静岡 愛知 三重 岐阜

近畿

大阪 滋賀 京都 奈良 和歌山 兵庫

中国

岡山 広島 鳥取 島根 山口

四国

香川 徳島 高知 愛媛

九州・沖縄

福岡 佐賀 熊本 大分 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

△ このページのトップへ

自己破産解決QRコード

借金問題解決総合サイト
相続問題相談ガイド
遺言書生前準備ガイド
会社設立専門ガイド